オール沖縄の正体と翁長氏が見せる琉球時代の伝統芸

Pocket

 

先日、翁長知事が高江のヘリパッド年内返還について「歓迎」の意を表明した。

この表明に沖縄メディアは意義を唱え、翁長氏はすぐに発言を撤回した。

しかし、人はこういう時には本音が出るものだ。

翁長氏の「歓迎」は彼の本音なのだろう。

彼の真意を探りかねているのは、むしろ基地反対派の連中と沖縄メディアなのかもしれない。

僕はこれで翁長氏の底が見えたような気がした。

その底をみるには、まずはオール沖縄の正体に触れる必要があろう。

 

オール沖縄の正体

2014年の県知事選挙で翁長氏がオール沖縄という表現を使い当選をした。

あたかも全沖縄県民が支持をしているかのような表現であるオール沖縄は本当にオール沖縄なのだろうか?

翁長氏は元自民党県連幹事長であり、保守政治家として普天間基地の辺野古移設の推進派であった。

一見、なぜ保守政治家が反対運動活動家と手を結び、一緒になって反基地活動をしているのか、沖縄以外の日本国民にはわかりにくいと思う。

 

僕は沖縄でいう保守政治家というのは、日本の保守と少しニュアンスが異なる沖縄ナショナリストなのだと思う。

つまり、沖縄ファーストであり、沖縄一県主義とも言え、日本国より沖縄を優先するという考え方だ。

だから国策にことごとく反対し、沖縄の利益をのみ追求するのだろう。

ナショナリストと呼ぶ通り、沖縄は日本国とは違う国だという認識がどこかにあり、その姿勢だけ見ると、沖縄右翼と呼んでもいいほどだ。

ナショナリストという言葉は本来、国家主義、つまり、国を単位に使うべき言葉だ。

だから、この言葉の根底には繰り返すが「沖縄は日本とは違う国」という刷り込み、沖縄県民の思い込みがあるのだと思う。

そう思えば、自民党沖縄県連も本土自民党とは基本的に考えが違うと考えた方がいい。

 

一般の沖縄県民と話をしていても、沖縄ナショナリズムに心酔している人と話をすると、すぐに感情論になり、議論がかみ合わない。

つまり、沖縄を偏愛するあまり、すべての事案に対して反中央政府の立場を貫くことのみが沖縄の利益につながると本気で信じているようなのだ。

沖縄メディアとは反対の立場や政府を擁護するような論調で話をすると、「おまえはウチナーンチュじゃないからわからないのだ!」みたいに言われたり、「沖縄県民をバカにするな!」と言われたりする。

このブログへも「ヤマトンチュの妄想」と書き込まれたりする。

僕は沖縄では育っていないけど、純粋なウチナーンチュにもかかわらず差別的な扱いを受けるのだ。

彼らはウチナーンチュは差別されてきたと言うけど、本当はあきらかに逆差別が行われている。

僕は本土育ちだから、差別などないことは経験上わかるし、沖縄県から一度でも外に出たことがある沖縄県民は、県外の日本国民がどれだけ沖縄県民に対して優しく接してくれたか、よく知っているハズだ。

だから、沖縄県から一歩も出たことがない彼らの「差別されて来た」という言い分にはとても違和感があるのだ。

 

翁長氏はもうひとつのスローガンとして「イデオロギーよりアイデンティティ」と叫んでいた。

彼が言うアイデンティティこそが、沖縄ナショナリズムのことだ。

沖縄ナショナリズムは、本土の皆様が想像するよりはるかに偏狭であり、僕が右翼だとする所以である。

だからこそ、普天間飛行場の辺野古移設、あるいは北部演習場の半分返還により基地負担はあきらかに減少するのに反対し、那覇軍港の浦添への移転に伴う埋立は容認し、辺野古沖の埋立は反対するという、あきらかに論理的には破たんしているような主張がまかり通ってしまうのだ。

論理よりも沖縄への偏愛というナショナリズムが根底にあるためだ。

そこに反政府の主張が一致する日本本土からやってきた日本左翼が結託し、沖縄ナショナリズム、そして利権を旗印に集結したのがオール沖縄の正体なのだ。(図1参照)

 

オール沖縄の正体

 

そう、オール沖縄とは、県の指導層たる県政、メディア、学界、大企業、公務員、教員などが日本左翼と一体となって、一般県民を利権による支配を行っている構造となっているのがその実態だ。

そして、その背後には中国の影が見え隠れしている。

もちろん、これらの指導層に該当する全員が、こうした構図を自覚しているわけでもないだろうし、利権の恩恵に預かっているわけでもないことは明白である。

この中には積極的グルと消極的グルが存在していそうだ。

つまり、本当の意味で利権に預かっている辺野古基金創設の2つの企業や彼らの汚職を追求しないメディアは積極的グルと言えるし、心情的に沖縄ナショナリストに寄り添っていて、結果的に無法を許している県警などは消極的グルだと言えるのだと思う。

 

実は、翁長氏には信念も理想もなく、知事になることだけを夢見て反対派や中国に魂を売ったのだろう。

そう、彼の動機は私利私欲なのだ。

だから彼に左翼のレッテルを貼るのは間違いだ。

翁長氏当選の背後に中国の存在があったことは既に参議院議員の青山繁晴氏が暴露している。

中国や左翼と手を握ることは、イデオロギーが一致しなくても利害が一致すれば彼にとっては簡単だったのだ。

翁長氏の米軍基地に対する対応のダブルスタンダードぶりはそのことを物語っている。

すなわち、普天間基地の辺野古移設は断固反対し、仲井真前知事による埋立承認を取り消し、法廷闘争にまで持ち込んだほどだが、那覇軍港の移転や高江ヘリパッド建設は歓迎をした。

前述の通り、高江の「歓迎」はすぐに撤回はしたが、高江に集結している過激派ははしごを外された格好になり、味方のハズの沖縄メディアは彼を一斉に非難した。

 

この事実はつまり、翁長氏は革新票欲しさに、オール沖縄候補の条件として「辺野古移設反対」の公約1点のみを飲み込んだということであろう。

他の米軍基地問題は革新勢力が彼に票を入れる条件にはなかったのだと考えれば、彼の言動は説明がつく。

どんな手を使ってでも、悪魔に魂を売ってでも知事になるという私利私欲に走った知事を僕たち沖縄県民は選んでしまったことを反省しなければならない。

ご本人は、過激派などの左翼勢力の背後に見え隠れする中国と、日本との間をうまく泳ぎ切ろうとしているのかもしれない。

大国間をのらりくらりと泳ぐ姿は、かつて明と日本の間を両天秤に二重外交をおこなっていた琉球王国の官僚達の姿とダブり、沖縄県民のお家芸を見せられているようでもある。

しかし、かつての国力がさほど強くなかった明の時代とは違い、現代中国は翁長氏が裏切ったとなると、彼の身に危険が及ぶことが考えられる。

翁長氏の底が見えたとはこういうことだ。

辺野古沖の埋立承認取り消し裁判では県が再び負けることが予想され、打つ手もなくなってきている。

ここが彼の正念場なのだろう。

 

オール沖縄の構図は琉球王国時代となんら変わっていない。

琉球王国時代は王族や士族が一般民衆(そのほとんどが農民、しかも農奴だったらしい)を重税で苦しめて来たことがわかっている。

一部の権力者の為に王国が私物化されていたのだ。

だから琉球処分は、一般民衆にとっては奴隷解放だったようなのだ。

農奴は教育を受ける権利もなく、土地を私有することも許されず、ただただ年貢を納めるために汗を流して働いていた。

現代の沖縄県民には教育を受ける権利はあるが、取得できる情報が制限され、低学力や低収入に甘んじさせられている。

沖縄県民奴隷化計画、愚民化計画が静かに進行中なのであろう。

沖縄は一般県民が低賃金の長時間労働にも疑問を持たさせない構造で支配されているのだ。

「県民は家族」と言う耳当たりのよい言葉で一体感を持たせ、異論を許さない同調圧力により、ひとりひとりの考える力を削いでいる。

 

僕には沖縄の現状がそんなふうに映る。

沖縄県は一部の指導層に私物化されているのだ。

同調圧力と簡単に書いているが、この圧力はすさまじく、相当な重圧で県民を縛っているのだ。

例えば、基地賛成を叫ぶと職を失ったりするらしい。

例えば、選挙には基地反対の人しか行ってはいけないと思いこんでいる人がいるらしい。

 

沖縄を守ることは日本を守ること

沖縄ナショナリズムの根底にあるのは、沖縄県民の戦後の刷り込みによる思い込みだ。

すなわち、沖縄県民は日本民族ではなく、先住民だという思い込みだ。

沖縄県民は日本国民に虐げられて来た被害者であるという思い込みだ。

だから自己決定権という言葉を翁長氏は国連で使い、沖縄メディアは民族自決権という言葉を使う。

沖縄ナショナリズムの行き先は日本からの沖縄の分離独立であり、左翼と利害が一致しているのだ。

厳しいことを書くが、沖縄の自民党員ですら、国より沖縄に寄り添っているつもりなのだ。

もしくは彼らは沖縄メディアが発する同調圧力にビビっているだけなのかもしれない。

だから、彼らは当初、辺野古移設反対を叫んでいたのだ。(まあ彼らの混乱は鳩山氏のせいでもあるが)

日本政府もココを見誤っては行けない。

だから、日本政府は沖縄県に寄り添ってはいけない。

寄り添うほど、問題はこじれてしまうのだ。

なぜなら沖縄ナショナリズムを助長させるだけになるためだ。

これらもすべて沖縄県民の思い込みから問題が発生しているのだから、問題解決にはまずは沖縄県民の思い込みを開放する必要があるのだ。

沖縄は左翼と右翼民族主義が手を握るという異常事態が発生している。

左翼と右翼は両極のようだが、本質は同じところにある。

地球儀の極東と極西が隣どおしであるのと同じで、左に行けば行くほど右に行きつき、右に行くほど左に行きつく。

要は同じ穴のムジナだ。

例えば、左翼の親玉のような中国はどうであろうか?

中国は、共産党一党独裁であるが、漢民族が世界の中心であるとして他の民族を排斥している。

それは完全に右翼民族主義の動きである。

特に中国は反日を旗印にした右翼民族主義の方針をとっている。

このことを考えると、もはや左翼や右翼と言うレッテル貼りや主義主張の色分けは無意味ではないかとすら思える。

そもそも人の考えは割り切ってレッテルを貼れるようなものではないであろう。

同じ政党の中でも考えが異なる人が寄り集まっていることを思えば、政策により反対や賛成があって当然であろう。

問題なのはイデオロギーに凝り固まると、それは宗教のような排他的な観念主義に陥り、現実が見えなくなってしまう点だ。

イデオロギーは宗教の一種なので、迫害を受ければ受けるほど燃え上がる特徴があり、反対運動を抑えようとすればするほど燃え上がるのは当然である。

だから、辺野古だ高江だと騒ぐ沖縄メディアは、虐げられている県民と圧力を強める国との対立を煽りに煽り、注目させ、小さな火種を大きくなるように仕向けているのであろう。

 

僕たち一般県民は、彼らの戦法に乗っかってはいけない。辺野古や高江に意識を集中させるのではなく、集中すべきは閉鎖された言論空間に住む一般の沖縄県民に事実を知らせることだ。

全国の沖縄を愛する人たちも、一般の沖縄県民が置かれた状況を理解してほしい。

県政が、あるいは、沖縄メディアが発信している情報は、決して沖縄県民が望んでいる情報とは一致していない。

県民自身が選んだ政治家が発信している情報だが、選考過程自体が沖縄メディアの情報によって恣意的に操作されたもの、そして、戦後教育によって思いこまされてきたことが原因で、そうなってしまっていることを念頭に置いておいてほしい。

そして、今一度の沖縄を守る情報戦に支援をしてほしい。エールを送ってほしい。

一番まずいことは全国民が沖縄を見放すことだ。

なぜなら、沖縄は当然、日本であり、沖縄を守れずに日本列島を守ることができないためである。

沖縄を守る戦いに手を貸すことは、日本を守ることである。

だから、沖縄を嫌いにならないで欲しい、見捨てないで欲しい。







Pocket

4件のフィードバック

  1. 藤田 より:

    軽々しく言えませんが…大丈夫ですよ。国も本土の人も沖縄を守る!何処を見ても沖縄の内容で皆さん一生懸命です。メディアなどに騙されません。私達に何が出来るのだろうか悩みますが、本土の人達も発信して頑張りますのでどうぞ頑張って下さい。

  2. okinawamondai より:

    藤田さん、熱い、嬉しいコメントをありがとうございます。返信遅くなりました。

    もちろん、同じ志をもった方が本土にたくさんおられることは周知しております。本当にありがたいことです。

    ただ、肝心の沖縄が本当にまずい状況です。一般の県民は実は大部分が無関心です。打っても打ってもなかなか響かないです。

    でも希望を持って、少しずつ前進したいと思っています。藤田さんたちの心強い思いを受け止めて前を向いていきたいと思っています。本当にありがとうございます。

  3. dan morobosi より:

    沖縄の声を聴く限りなぜアメリカに講義はしても中国に講義をしないのか。実害が起きている漁民に対して責任ある態度で示してほしいものである。

    • okinawamondai より:

      講義→抗議ですね?翁長氏は自身が県知事になりたいためだけに革新の辺野古反対の公約を飲んだようです。だから、最高裁で敗訴しようがこの公約にだけはしがみつくしかないのです。なぜなら、この公約を破棄したとたんに彼は用なしとなり、マスコミによって袋叩きになる、あるいは最悪のケースも考えられるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です