櫻井よしこさん講演会でボランティアスタッフをしました!

Pocket

沖縄で櫻井よしこさん講演会が開催され、僕はボランティアスタッフとしてお手伝いをしました。

もしかしたら櫻井さんにお会いできて、サインでも頂けるかなというミーハーな動機もありました。

櫻井よしこ講演会ポスター

 

ポスターには島尻あい子さんも出席となっていますが、熊本大地震発生間もなく、大臣としてそちらを優先されるために、この日は欠席でした。

沖縄という地にも関わらず、櫻井さんはとても人気者です。

会場の準備をしていたら、開場1時間も前から既にお客様が到着し始めました。

櫻井よしこ講演会受付

 

櫻井よしこさんは上品で根底に愛を感じます。

櫻井よしこさんは、沖縄で講演を聞くのが2回目です。

前回は知事選直前の仲井真さんへのエールがメインで、ゲストでの櫻井よしこ講演会でした。

今回はメイン講演者としての登壇であり、豆粒のように遠くにしか見えなかったお姿が、今回はめちゃくちゃ間近で見ることができました。

会場はお年寄りがメインかと思いきや、若い方もたくさんおられてバラエティに富んでいました。

500席の会場が立ち見がでるほどで、熱気ムンムンでした。

櫻井よしこ講演会の会場

櫻井よしこ講演会の会場

今回の櫻井よしこさんのお話しは中国の脅威のお話でした。

南シナ海への進出は周知の事実ですが、東シナ海の中間線に中国がどんどん進出していて、ガス田開発を名目に軍事基地化しようとしているというお話です。

東シナ海は、沖縄県民にとっては、すぐそこの話。

もし、東シナ海に軍事基地ができようものなら、制海、制空権をとられ、そこを拠点にされると尖閣は風前の灯火となる。

こんな内容のお話でした。

海上保安庁の船はよくやっているのでしょうが、やはりそこは法律の限界。

憲法を早急に改正して対応しないと、本当に国は守れなくなります。

国内で左だ右だと言っている場合ではないです。

国内論争のすきまを縫って、中国が知らぬ間にやってこようとしています。

櫻井よしこさんに負けない強さをみにつけよう

後半戦は琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会の代表である我那覇真子さんと櫻井さんとの対談。

度胸のある彼女にしては珍しくとても緊張していた模様。

櫻井よしこ講演会トークショー

櫻井よしこ講演会トークショー2

同じ女性としてとても憧れるとのこと。

本当にそうだと思います。

上品で、物腰柔らかく、それでいて強く、雄々しく、根底には愛がある。

櫻井よしこさんは、大和撫子のお手本だと思います。

後でニュースで知りましたが、この日も櫻井さんは終始ニコニコ笑顔でしたが、実は元朝日新聞記者の植村氏、そうあの慰安婦捏造記事を書いた元記者から提訴されていたそうです。

提訴されることは、いくらこちらに正義があっても、精神的に参るもの。

そんなそぶりを全く見せない芯の強さが彼女には感じられました。

僕たち男も負けていらないと感じました。

櫻井よしこ講演会トークショー終了

トークショーの最後は日の丸に向かって深々と敬礼。

この荘厳な姿は、とても胸を打ちます。

中国の危機は確実に刻一刻と沖縄・日本に浸透してきています。

ひとりずつ行動を起こすことを我那覇さんも訴えていました。

ところで、櫻井さんの楽屋は一部スタッフ以外は立ち入りできませんでしたので、お会いもサインももらえませんでした。

残念。

そのかわりと言っては何ですが、兄と面識がある仲井真元県知事と少し談笑ができ、チーズ。

櫻井よしこ講演会での仲井真元知事

我那覇真子さんとも、はい、チーズ。

櫻井よしこ講演会での我那覇真子さん

ミーハー心も少しは満たされました。









Pocket

2件のフィードバック

  1. 名無しさん より:

    米軍施設や自衛隊の存在は必要不可欠です。頑張れ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です