カテゴリー: 沖縄米軍基地

沖縄米軍基地については、沖縄における反対運動の盛り上がりが確かに激しくなっている。普天間飛行場の返還、代替え施設としての辺野古基地への移転。これらは本土サヨクの主導に見える反対運動により、辺野古の工事も滞っている。
 
保守と思われた翁長知事のサヨクとの結託により、米軍基地問題をより複雑化してしまった。独立国日本に他国軍が駐屯している構図は確かに正常な状態ではない。ただし、米軍基地を撤去するからには自衛隊軍の増強がセットで必要である。核保有も視野に入れた沖縄防衛の議論が必要であろう。ところが、それらの議論なしに、念仏のように米軍基地撤退を叫ぶからには、何か裏があるとしか思えない。
 
米軍基地撤退後に何が残るかを考えることが必要だろう。