甘い言葉に要注意!沖縄のコワい話

Pocket

 

沖縄に存在するコワい噂話を紹介しよう。

あくまでうわさ話であり、裏は取れていないが信ぴょう性は低くはないと思う。

最初は中国人女性による恐怖の話だ。

沖縄でお店を開いている人物がいる。

この方をAさんとしよう。

Aさんがある日突然姿を消したそうだ。

警察により発見されたのは久米村。

久米村がどんなところかは、こちらに詳しく記事にしている。

◎沖縄独立運動の影に琉球王国復活をもくろむ?!あの勢力

発見時、Aさんは裸で皿洗いをさせられていたそうだ。

どうやらAさんが経験したのが中国女性による美人局だったようだ。

Aさんのお店に観光で来たという中国人女性が近より、自分もお店を経営しているから遊びに来てねと言われ、Aさんはノコノコついて行ったそうなのだ。

発見時、Aさんの顔はボコボコにされていたそうだ。

命があるだけまだましなのか。

このパターンでほかにまだ3名が行方不明だそうだ。

中国女性と甘い言葉には要注意だ!

 

消える中国人観光客と南城市に桃源郷?

沖縄への中国人観光客が増えているのはご承知の通りである。

最近は波之上の港に巨大クルーズ船が停泊し、その大きさには圧倒されるほどである。

ご承知の巨大な龍柱が巨大クルーズ船を出迎える様は言葉を失うほどである。

 

巨大クルーズ船

巨大龍柱と巨大クルーズ船

 

 

女優沢尻エリカさんの元旦那高城剛氏によると、このクルーズ船での入国人数と出国人数に差異があるそうだ。

つまり、クルーズ船でやってきた中国人の観光客の何人かが沖縄で消えているわけだ。

◎「帰らない」中国人旅行者が急増。沖縄の現状は日本の未来か?

 

別の噂によると、消えた中国人の総人数は既に1000人を超えていると言われている。

それだけの中国人がいったいどこに消えたのか?

さらに別の噂がある。

沖縄本島の東南にある南城市。

この南城市の土地の一角が中国資本によって買い占められ、日本人が立ち入ることができない地区が形成されているという噂だ。

そこは既にひとつの街の様相を呈していて、何もかもが揃っていて生活に困らない空間だそうだ。

中国人たちが既に自治区を運営しているのか?

沖縄に桃源郷をつくりつつあるのか?

街の運営資金などはどうしているのだろうか?

 

沖縄での蜂起の拠点ができつつあるのだろうか?

これら3つのうわさ話をつなげると沖縄のコワい現実が見えてくる。

クルーズ船でやって来て沖縄県内で消えた中国人は、南城市の特定地域に滞在している可能性がある。

沖縄には既に中国人自治区ができつつあり、美人局など犯罪行為による資金稼ぎが横行しているのかもしれない。

もしくは、これらの流れは意図的に中国政府によって画策されているとも考えられる。

中国には国防動員法なる法律があり、有事になると中国国籍を持つ人間は「国防勤務を担う義務」を負う。

つまり、中国国籍を持つ人間は日本に在住していても、国がいったん有事だと認定をすれば、その地において蜂起をする義務があるのだ。

南城の桃源郷はその蜂起の準備部隊で、人とお金を送り込み、もしかしたら武器もひそかに集めているのかもしれない。

沖縄県内の久米や県知事がその動きに連動し、沖縄独立宣言を行う。

こんな悪夢のシナリオは、単なる沖縄のコワい噂話で終わることを祈る。

Pocket

3件のフィードバック

  1. 哀国者 より:

            ▲窮民革命論 WIKI → 日本国解体工作( `ハ´)

    疎外された窮民(ルンペンプロレタリアート)こそが革命の主体となりえる」という理論であり、
     日本における窮民の具体例として、

     アイヌ民族、日雇い労働者、在日韓国・朝鮮人、沖縄人、部落民を挙げている

     琉球革命15年計画
    1.「復帰幻想」を断ち切って「琉球民族」の覚醒を促すために、繰り返し日の丸や天皇の肖像画や星条旗を公然と焼却する
    2.沖縄県内の自衛隊施設や自衛隊員に対するテロ
    3.「琉球革命」を支持しない沖縄県民に対するテロ
    4.自衛隊内にスパイ網を構築
    5.地下放送局を設置
    6.山原や先島諸島に「解放区」を設ける
    7.沖縄県外で「琉球共和国」の旗の下にテロを開始する
    8.沖縄駐留の在日米軍内の黒人兵士・軍属を組織化し、琉球革命の同志として反乱を起こさせる
    9.「琉球共和国臨時革命政府」の樹立
    10.「琉球共和国革命軍」による奄美侵略
    11.「琉球共和国革命軍」による海上交通路遮断

  2. 哀国者 より:

    人口増加率全国トップの沖縄、その4割が外国人 中国・ベトナム人が著しい伸び 2017年12月21日 07:05 沖縄タイムス
    南西地域産業活性化センター(NIAC)が20日発表した沖縄経済レビュー:金城毅上席研究員「人口が減少に転じるのは25年とされるが、もっと先に延びる可能性がある」

    ●人口増加率が全国トップの沖縄:
     2016年~17年 3889人増、
     その約4割1528人外国人(約2・5人に1人)

    ●17年6月末時点、県内の在留外国人の総数
     前年比10・5%増 1万4599人
     県全体の約1%程度、10年と比べて約1・6倍に増加。

    ●国籍・地域別:
     米国(米軍関係は含まず) 2491人最多
     中国              2189人
     フィリピン           1931人
     ネパール           1614人

    ●在留増加率最高: ネパール、10年12月の117人から約14倍。ただ、16年以降は横ばい。NIACは出稼ぎが目的の留学や週28時間を超える不法就労、失踪などが問題となり、入国審査が厳格化されたことが影響。

    一方、ここ2年で増加:( `ハ´)中国とベトナム。
    ( `ハ´)中国は尖閣諸島の問題などで14年ごろまで緩やかに減少が、15年以降増加。特に「技術・人文知識・国際業務」での在留が増加しており、外国人観光客の増加に伴い、通訳や語学教師など。
    ベトナムは近年、農業や建設業での「技能実習」や、「留学」も増加。

  3. Roko.choーpuri より:

    強かな中国政府です隙を見て知らぬ間に密かに動いている事は明白です!

哀国者 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です