阿麻和利の墓参りで護佐丸の末裔が歴史的和解

Pocket

 

筆者は琉球の戦国武将護佐丸の末裔である。

護佐丸は尚巴志の琉球国統一事業に参加協力し、統一を成し遂げた。

沖縄県読谷村の座喜味城、中城村の中城城を築城した築城の名手としても知られている。

 

護佐丸・阿麻和利の乱

護佐丸は第一尚氏6代に仕えた。

護佐丸と阿麻和利の関係は護佐丸・阿麻和利の乱として後世に伝わっている。

断っておくが護佐丸が乱を起こしたわけではないのにこのような名称となっている。

簡潔に説明しよう。

時は1458年。時の琉球王は尚泰久。

勝連城の城主であった阿麻和利が尚泰久に「護佐丸謀反の疑い」を諫言した。

尚泰久はその諫言を信じてしまい、阿麻和利に護佐丸征伐の指示を出してしまった。

阿麻和利軍が中城城を取り囲んだ時点で護佐丸は敵軍に「王府の旗」を見出した。

王府に矢を向けるわけには行けない。

護佐丸は抵抗せず死を選び、長男次男も自死した。

乳飲み子だった三男のみは乳母の手で脱出させられた。

その三男の末裔が我が家である。

護佐丸は後世に忠臣として伝えられ讃えられた。

阿麻和利はその後、自身が王に取って代わろうと尚泰久を狙おうとした。

王は阿麻和利の謀反に気がつき、これを討った。

 

阿麻和利が英雄とした歴史に書き換えられる

護佐丸は忠臣であり、王府の地位を狙っていた阿麻和利が逆臣であるという歴史観が明治期から書き換えられるようになった。

阿麻和利が英雄視されるようになったのだ。

きっかけは琉球の民間に残る「おもろそうし」を研究した伊波普猷氏。

「おもろそうし」に阿麻和利を英雄として讃える「おもろ」(歌)が収録されているからという理由だ。

阿麻和利のおひざ元であった勝連地方では「肝高(きむたか)の阿麻和利」と称され、組踊などで盛んに演じられている。

肝高(きむたか)とは「心豊か」「気高い」という意味で、与勝高校には「肝高魂」のバナーも掲示されている。

阿麻和利を活用した町おこしの意味もあるのだろうが、逆臣を英雄として伝えるのはどうなのかと筆者は違和感を持っていた。

 

ところで中国では習近平主導で「腐敗撲滅」キャンペーンが行われている。

収賄、横領などの汚職を取り締まるという名目だが、その実態は習近平によるライバル蹴落としの権力闘争だと伝えられる。

習近平は次々と実力者を葬ることで、自ら皇帝になるべく地ならしを行い、国家主席の任期撤廃を実現した。

この実態が権力闘争の反腐敗運動、庶民には非常に人気のようである。

不正蓄財や権力者の豪華絢爛な生活ぶりなどが叩き落されることは庶民にとって嫉妬が解消されるので気持ちがいいのだろう。

もし、権力闘争史が文書で残らず、庶民の習近平人気だけが後世に文書で伝えられたとしたら、習近平は後世の人に英雄視されることだろう。

同様に阿麻和利がおもろそうしで庶民人気が高いからと言って英雄視するのは、一面しか見てない論評に思えて仕方がない。

筆者自身は郷里の大学者である伊波普猷氏は尊敬する人物である。

その研究成果にケチをつけるものではないが、彼の阿麻和利論だけは評価できない。

百歩ゆずって阿麻和利が英雄だったとするのはかまわないが、相対的に護佐丸の評価を下げるような論評がみられて非常に残念だ。

阿麻和利の評価を見直すことが護佐丸の評価を下げることにつながっていることには納得がいかないのだ。

ともかく筆者自身はこうした護佐丸、阿麻和利をめぐる歴史の書き換えが行われていることに非常に不満を感じていた。

 

阿麻和利の墓参りで再評価し歴史的和解

そんな筆者が阿麻和利の墓参りをおこなおうと思い立ったきっかけがある。

ある本に大久保利通の末裔である麻生太郎氏が、幕末に官軍に抵抗した幕軍の英霊が祀られている神社を参ったことが書かれていたのだ。

麻生氏の先祖にとっては宿敵だった神社を、麻生氏が参ることで彼に思わぬ展開で総理の椅子が転がり込んだとのことだ。

この本の筆者は宿敵と和解することで運勢が開けたとの分析であった。

この立ち読みした本に刺激され、そのまま阿麻和利の墓参りに行ったのだ。

阿麻和利の墓は「沖縄県中頭郡読谷村楚辺1035」にある。

この住所をナビに入力して、いざ阿麻和利の墓へ向かった。

カーナビが案内した住所には阿麻和利の墓は存在しなかった。

しかし、阿麻和利の墓の上に立派なガジュマルの木がそびえているとのネットの情報を手掛かりに周辺を探してみた。

住所の場所から一本西側の道路でそれはすぐに見つかった。

これまで見たことがないような見事なガジュマルの木が視界に入ったのだ。

 

阿麻和利の墓

 

筆者も一応沖縄生まれである。

ガジュマルの木は数々見て来た。

しかし、このガジュマルの木は度肝を抜かれるほど立派だった。

恐らく写真では伝わっていないだろう。

実際に見に行かれることをおススメする。

ガジュマルの木の下にあったのが、推測通り阿麻和利の墓だった。

 

阿麻和利の墓

阿麻和利の墓

 

勝連城主であり、出身は嘉手納のハズの阿麻和利が読谷の片田舎で質素な墓で眠っている。

肝高の阿麻和利ともてはやしながらも訪れる人は少ないのか墓は荒れていた。

筆者は花と水を手向けて手を合わせた。

墓から生えて出たような巨大なガジュマルの木には彼の気が蔓延していた。

彼の気がガジュマルの木を巨大にしたように感じられた。

死して数百年。なおも阿麻和利の気が墓の周りに充満しているように感じたのだ。

「肝高(きむたか)の阿麻和利は健在なり!」

そんな声が聞こえて来そうだった。

肝高の称号はまさに阿麻和利にふさわしいと感じた。

 

時は戦国時代。

食うか食われるかの時代に王の座を狙ったその気概を、後世の視線で評価してはならないと強く感じた。

阿麻和利にも正義があったのだろう。

中城城のそばに眠る我が祖護佐丸の墓は立派であれど、そこまでの気を感じたことはなかった。

敵ながらあっぱれと阿麻和利を再評価し、歴史的和解をとげたのが今回の墓参りであった。

思えば筆者は3年ほど勝連城に近いところに住んでいた。

先祖から見れば敵地だとはわかってはいた。

阿麻和利の気に引き寄せられて住んでいたのかもしれない。

気は時を超えて生き続ける。

そのことも痛切に感じた阿麻和利の墓参りであった。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です